埼玉・越谷弁護士 江原法律事務所

南越谷駅・新越谷駅徒歩3分 埼玉県越谷市南越谷1-16-12 新越谷第一生命ビルディング5階

メニュー

HOME

ここをタップするとすぐにお電話できます 048-940-3971

交通事故問題

交通事故に遭ったら

現代のような車社会では、誰もが交通事故の加害者にも被害者にもなりうる可能性があります。

不幸にも交通事故の被害にあった場合、弁護士はどのような点で相談者の力になれるのでしょうか?

交通事故から生じる被害は、物的損害人的損害に分かれます。
 

物的損害とは

物的損害というのは、たとえば車の受けた被害などです。

具体的には、修理費修理期間の代車料などが問題となります。

新車で登録して間もなく事故にあった場合など、いわゆる格落ちが問題となることもあります。
 

人的損害とは

人的損害は、事故により受けた怪我・傷害に対する賠償の問題です。

治療費休業損害慰謝料後遺障害に伴う慰謝料逸失利益などが問題となります。

加害者に対し、これらの損害の賠償を請求していくわけですが、実際のところその交渉は加害者側の保険会社を相手とする場合が多いと思われます。

保険会社はプロです。

保険会社は多くのノウハウを持っており、独自の損害賠償の基準もあります。

これに対し、被害者の多くはいわば素人です。

プロと素人が交渉するわけですから、被害者が交渉を有利に進めるのは並大抵のことではありません。

場合によっては、交通事故で苦しい思いをさせられたうえに、さらに示談交渉で嫌な思いをさせられるといったことも少なくありません。

交通事故の被害に遭った場合、弁護士がお力になれることは多岐にわたります。

特に、保険会社との示談交渉でお悩みの方、後遺障害の認定や損害賠償額に疑問をお持ちの方は、できるだけ早い段階からのご相談をお勧めします。

当事務所では、保険会社との示談交渉からその後の裁判手続に至るまで、被害者の親身になってお手伝いしております。

お気軽にご予約ください。